[PR]◆あきたクルマが、現金になる!!ガリバーの簡単査定
[PR]固定IP + Bフレッツ → 「ZOOT for Bフレッツ」
[PR]登録無料!携帯でおこづかいを貯めよう「へそくりメール」



2005年07月12日

スターウォーズを観に行きたい

ついに今作でアナキンの父親が判明すると話題の(←違う)最後のスターウォーズ。
諸事情で、観に行きたくても行けてないエピソード3。
早く行きたい




何故エピソード3から物語を見せたのか。

諸説あり困惑したが、

一番信憑性が高いと思われた説を要約すると以下のとおり。

正しいかどうかはわからないが。


******

ルーカスは壮大をシナリオ書き、それは映画何本分にも相当する程までになった。
そしてそれをまとめることによって、エピソードは現在の1〜6構成になった。

エピソード7〜9については、一部で今でも存在説があるが、ルーカスは否定。

最初からスターウォーズはアナキン=ダースベイダーの生涯を描いた物語だったので、エピソード6でアナキンが死んで完結、その先はないのだと。


最初、映画化するにあたり、ルーカスは悩んだ。アナキン主人公の話では問題が多すぎた。


そこで当時の製作予算・興行面・CG技術力を鑑みた結果、ルークが主人公のエピソード部分の作成を選択した。

興行面に不安があった為、「悲劇」よりも「娯楽劇」を選択し、

当時の特撮技術的には為し得えない表現が必要なエピソード1〜3を作る予定は無かった。



しかし映画は大ヒットし、興行面の不安は無くなった。

技術面もルーカス自身の努力(才能有る技術者集団を集めた事)もあり格段の進歩を遂げ、ついにエピソード1〜3を作成することが可能になったのだ。


結果、「アナキンが悪の道を歩むという」オチを知った上で「その落ちていく過程」を見る映画としてエピソード1〜3が後から作成されるということになったのだという。


******




はっきりいって、


とってつけた言い訳の臭いがするが、

スターウォーズだからよしとする。





ルーカスが創造した世界は広い。広すぎる。



まだ観ぬエピソード3を観終えても、

多分俺の中でスターウォーズは終われない。


謎は謎を呼び、時間と空間の隙間を埋めるサイドストーリーを妄想しつづけると思う。



未だに、Xウイングのコクピットに居る夢を度々見る。永遠の少年、俺。







posted by きんとうん at 13:26| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スターウォーズで儲ける
Excerpt: スターウォーズで一儲け?!ブームに乗った勝者は果たして誰なんでしょう。
Weblog: スターウォーズ好きOL
Tracked: 2005-08-29 19:15



このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。